新型インフルエンザ:歴史に学ぶマスク着用

新型インフルエンザのマスク着用に関する蘊蓄を。

マスクを過信するのは危険です。
「マスクで予防」過信は禁物 ウイルス、髪や服にも
http://www.asahi.com/national/update/0521/TKY200905200388.html

CDCは以下のように推奨しています。

Very little is known about the benefits of wearing face masks to help
control the spread of flu. Whenever possible, instead of relying on
face masks, try avoiding close contact and crowded
conditions―particularly if swine flu reaches pandemic status.

エビデンスはありませんが、マスク意味なしと結論づけるのは
厳密なrandomized studyを行わないと検証できません。

日本だけがマスク着用しているということで、
世界から奇異の目で見られているようです。

新型インフルエンザ対策をアメリカ人が爆笑する理由
http://news.livedoor.com/article/detail/4161298/

が、かつて1918年のスペイン風邪大流行の際には、
世界中でマスク着用がされていました。サンフランシスコ
では、1918年10月に条例で義務づけられてました。
かのリーバイス社も、会社でマスクを大量生産し、寄付して
いたとの記載もあります。

http://www.youtube.com/watch?v=sHK3oWpD5ZI
http://www.archives.gov/exhibits/influenza-epidemic/records-list.html

今の阪神の光景と同じですね。

日本でも1918年には、黒いマスクが着用されていました。

検証 スペインインフルエンザ 患者は戸板で「避病院」へ 「黒いマスク」でしのぐ人も
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/flu2007/pi...
「黒いマスク」・・スペイン風邪・・の証言が出来るのは、世界唯一・・・この私だけでしょう!!。
http://blogs.yahoo.co.jp/shiinomi100/51863351.html
黒いマスク
http://www.tpa-kitatama.jp/museum/museum_06.html

我々は、過去のインフルエンザ流行の歴史に学ぶべきです。

NEJMでは、過去のインフルエンザに学ぶ、考古疫学と
いうべき論文が発表されています。以下のページに
日本語訳もありますので、是非。

archeo-epidemiologic に考える。
http://georgebest1969.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/archeo-epidemio.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新型インフルエンザ:歴史に学ぶマスク着用

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yuji.md/mt/mt-tb.cgi/10

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2009年5月21日 11:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新型インフルエンザ(H1N1) 北米大流行とパンデミックの可能性」です。

次のブログ記事は「港区ちいばす運行開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01