ブタ由来のインフルエンザA(H1N1)ウイルス感染アウトブレイク@メキシコ 2009年3?4月

神戸大岩田健太郎先生訳。

Outbreak of Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus Infection --- Mexico, March--April 2009
http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm58d0430a2.htm

ブタ由来のインフルエンザA(H1N1)ウイルス感染ア
ウトブレイク メキシコ 2009年3?4月

3月と4月上旬、メキシコにおいて呼吸器疾患アウトブレイク
があり、国内数カ所においてインフルエンザ様疾患(ILI)の
報告が増加した。4月12日、疫学部門長(DGE)がILI
のアウトブイレクがベラクルス州の小区域でおきていることをパン
アメリカン保健機関(PAHO)に報告した。これは国際保健規約
に基づくものである。4月17日、Oaxaca州におけ
る非定型肺炎の症例がおき、メキシコ全体でのサーベイランスの段
階を引き上げるに至った。4月23日、重症呼吸器疾患の
いくつかの症例で、ブタ由来のインフルエンザA(H1N1)
ウイルス(S-OIV0)感染が確認され、これはPAHOにも報
告された。シークエンス文責により、患者はカリフォルニアに住む
二人の小児から同定されたものと同一のS-OIV株に感染してい
る事が分かった。本報告は初期から現在に続くメキシコにおける
S-OIVアウトブレイク調査に関するものである。

サーベイランスの強化

4月17日、呼吸器疾患報告の増加に呼応して、DGEはイ
ンフルエンザ監視団体や病院に全国的に警告を発した(表1)。警
告では、病院は重症呼吸器疾患を全例報告するよう求め、呼吸器検
体をオンセットから72時間以内に採取するよう薦めてい
た。4月18日、DGEのスタッフは全国21病
院を訪問し、明らかな疾患の増加を確認した。
S-OIVは4月23日に検査室で確認され、DGE
は症例定義を定めた。疑い例(suspected case)は発熱、咳、
呼吸苦を伴う重症呼吸器疾患と定義された。推定例(probable
case)は疑い例の検体がインフルエンザA陽性となった場合と
定義された。確定例(confirmed case)は推定例で、S-
OIVがRT-PCRにて陽性になった場合と定義された。担当者は
3月1日以降の後ろ向き、前向きのデータをこれらの定義に当
てはまるケースに行った。
3月1日から4月30日までに、1918
の疑い例が報告された。そのうち286例は推定例で、97
は確定例だった(図1)。ぜんぶで84の死亡例が報告され
た。その多くは入院患者で、病院にてサーベイランスが集中してい
ることを反映していた。しかし、DGEはILI患者の季節
性インフルエンザのルーチンサーベイランスの部署からの報告も受
けていた。1069の疑い、推定例で情報が入手可能なもののう
ち、755例は入院患者で、のこりの314は外来や救急部
にて調べられたものであった。疑い、推定例はメキシコ連邦の31
全ての州から報告された。そのうち、Federal district (213
)、Guanajuato(141)、Aguascalientes(93)、Durango(77)
の4地域が最も多かった。他の州では、疑い、推定例は2?46
例のあいだであった。疑い、推定例は全ての年齢層から見出され
た。メキシコでは、季節性インフルエンザは全国の外来施設のネッ
トワークにてモニターされている。51のインフルエンザA
陽性検体が6つの州から1月4日から3月11
日の間にサーベイランスネットワークから収集された。全ての検体はCDC
でおこなわれた検査でS-OIV陰性であった。

S-OIV感染確定例

4月30日までに、DGEサーベイランス活動で
は、重症呼吸器疾患に注目し、97例の検査確定例(S-OIV
感染)を見つけ出した。そのうち7例は死亡例であっ
た。97例のうち、最初の症例ではオンセットは3月
17日で、最新のものではオンセットは4月26日であっ
た。検査室では97例のうち、最新のもの73例は4月29
日夕刻に報告を受けたものであった。これら73例の臨床情報
の収集は今やっているところである。24例での患者背景や臨
床情報が得られたもののうち、20例(83%)は入院患者、3
例は外来で診察を受けており、1人は医療の提供を受けていな
い患者であった。患者は1歳未満から59歳まで
で、79%は5歳から59歳までの範囲に収まった
(表2)。15人(62%)は女性であった。確定例は
4州で見つかっている。Federal district (15例)、メキシコ州(7
例)、ベラクルス州(1例)、Oaxaca州(1例)
である。死亡例7例では、6例がFederal district
でおき、1例はOaxaca州であった。
完全な診療録がある16患者のなかで、15例では発熱
があり、13例で咳嗽があった、10例では頻呼吸があった。9
例では呼吸苦を認めた。加えて、16患者のうち7人では
嘔吐か下痢を訴えた。その7例のうち、2人は嘔吐の
み、2人は下痢のみ、3人は両方であった。16例
中8人はICUに入院し、そのうち7例では人工呼吸
器装着を必要とした。6例はARDSを発症して後に亡く
なった。15患者中12例ではレントゲンの記録があり、
肺炎を認めた。16患者のうち3例では基礎疾患があっ
た。入院から死亡までの日数については6患者について情報が
あり、1?18日であった。中央値は9日。

予防と管理法

4月24日、Council for General Hygieneはメ
キシコ共和国大統領と会合を開き、Federal Districtとメキ
シコ市のメトロポリタン地域の全ての学校を休校とした。行き来す
る航空機乗客にはアウトブレイクの情報が提供され、もしILI
の症状が出たらすぐに受診するよう薦められた。他にも、1)教
育、これは咳エチケットなどをマスコミを介して行うことを含む、
2)マスクやアルコール手消毒剤をくばる、3)集団を避けること
が推奨され、これは協会に行くことや劇場、サッカー観戦を含んで
いる、などがおこなわれた。4月25日、疑い例の自宅隔
離が命令され、全国の学校が休校となった。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ブタ由来のインフルエンザA(H1N1)ウイルス感染アウトブレイク@メキシコ 2009年3?4月

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yuji.md/mt/mt-tb.cgi/8

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2009年5月 2日 21:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「UpToDate: 新型インフルエンザの疫学、臨床症状と診断」です。

次のブログ記事は「新型インフルエンザ(H1N1) 北米大流行とパンデミックの可能性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01